Recruit

採用情報

Voice #07

お客様と直接接することは少ないですが、
見えないところで常に飛行機の安全を守っています。

中根 健吾

旅客部 旅客課(オペレーション部門)

中根 健吾

2015年入社

私が現在所属するオペレーション部門は、様々な場面でフライトを管理する基幹部門です。オペレーションはいくつかの業務に分かれます。例えば、"ロードコントロール"は、航空機が常に安全に運航出来るよう、主にチェックインカウンターでお預かりした荷物など、搭載位置を図りながら指示し、重量バランスの計算を行います。また、"ランプコーディネーター"とは、機長やキャビンアテンダント、グランドスタッフなど幅広く関係各署とコミュニケーションを交わし、スムーズにかつ定刻に航空機を出発させるよう密なタイムスケジュールで動いています。どちらの業務にも共通することは、直接、お客様と接することは少ないですが、常に飛行機の安全のために航空機の側で働いています。

本当にチームワークを大切にしながら
業務に従事しています。

入社するまで、旅行や留学で飛行機を利用することがよくあり、世界の様々な空港を目にしてきました。大学で学んできた英語やフランス語を活かすには空の玄関である関西国際空港で働くことが一番魅力的だと感じるようにもなりました。日本人だけでなく海外から来るお客様と接し、空港や飛行機、旅の素晴らしさを発信する側になりたいと思い、強く入社したいと考えました。

入社してすぐは業務内容が専門的で全体を理解するには時間がかかりましたが、上司や先輩が適切に指導してくださるので、現在は様々なフライトのロードコントロール業務やランプコーディネーター業務を行うことができ充実しています。しかしまだまだ未熟なところもたくさんあり、日々の業務自体から学ぶ事や新たな発見があり、それらを継続していくことが大事だと考えます。またこの業界では1つのフライトに多くの従業員が関わっているので本当にチームワークを大切にしながら業務に従事しています。

時間調整や情報伝達をする事で安全を配慮した上で、定刻通りにフライトを運航できた時。

在従事するランプ業務やロードコントロール業務はお客様と直接接することは少ないですが、フライトを安全に円滑に運航するためにはとても重要な役割を果たします。到着した航空機から出発に至るまで、客室では機内清掃や機内食などの搭載、貨物室では手荷物や貨物などの搭載、燃料補給など地上では様々な業務を行っているわけですが、それらを効率よく時間調整や情報伝達をする事で安全を配慮した上で定刻通りにフライトを運航できたときには大変やりがいを感じます。

お仕事感動エピソードお仕事感動エピソード

CKTSを目指す後輩にアドバイスCKTSを目指す後輩にアドバイス

不規則なライフワークになりうるので、体力無くして業務には取り組めません。

この仕事において、英語を含むコミュニケーション能力とどのような状況においても冷静に柔軟に対応でき、関係各所と連携して取り組める、チームワークを大切にする人が向いています。そして何よりも体力が重要です。勤務はシフト制ですので朝早く勤務をすることもあれば夜遅くまでや、イレギュラーやフライトが遅延すればタクシーで帰宅することもあります。不規則なライフワークになりうるので体力無くして業務には取り組めません。常に関心や興味、向上心を持って仕事に取り組む姿勢、また探求することを好む方におすすめです。

CKTSの「ここが自慢!」CKTSの「ここが自慢!」

フライトの最前線で様々な航空機を垣間見れることが魅力的です。

CKTSでは顧客である多くの外資系航空会社の地上業務を行っています。関西エアポートの一員として日本のお客様だけでなく海外の様々な国籍のお客様と接することが多く、英語は必須ですが常に就航しているフライトの最前線で業務に従事できます。通常のフライトだけでなくビジネスチャーター機のハンドリングを行っている為様々な航空機を垣間見ることも魅力的です。

採用試験対策ポイント!採用試験対策ポイント!

大学生の時からこの業界で活かせそうな飲食やホテル、アパレルでのアルバイトで社会人としての立ち振る舞いやサービスを学びつつ、大学では語学や海外文化に加え、航空ビジネスの概要を学んできました。採用試験では仕事で活かせる自分の強みをアピールしたこと、またありのままの自分の性格を面接で表現できたことが内定に繋がったと思います。