Recruit

採用情報

Voice #10

見た目の華やかさからは想像できない厳しい仕事ですが、
多くを学べる魅力がります。

藪内 夢

羽田空港支店 旅客課

濵﨑 圭

2017年入社

タイ国際航空のチェックイン、ゲート、フライトコントロール、キャッシャー業務をしています。チェックイン業務は、お客様の渡航先へのビザの有無や、座席の案内、鞄のお預かりなど、短時間でとても多くの事をしています。ゲート業務は、搭乗口でお客様を順番に機内へご案内したり、車いすが必要なお客様のお手伝い、出発間際になっても搭乗口へ来られないお客様の捜索をしたりします。フライトコントロール業務は、何か問題が発生した場合など航空機が出発するまでの旅客に関わる全ての統括をしています。キャッシャー業務は、航空券の発券や預け荷物の超過料金の徴収などをしています。

多種多様な外資系航空会社を
取り扱っていることに興味を持ちました。

多くのハンドリング会社の中でもCKTSは多種多様な外資系航空会社を取り扱っていることに興味を持ちました。また、チェックインやゲート業務など以外にも、オペレーションやソーティング業務といった専門的な部門も行っているので、学べることがたくさんある事に魅力を感じました。

多くの航空会社を取り扱っているので、社員の人数も多くオフィスはいつも活気があります。人数は多いですが、他チームで起こった事例などの情報共有をしたり、航空機が遅延していると他チームへ手伝いに行ったり、チームや部署を超えて協力し合う態勢や雰囲気があります。

「よく頑張ったね、ありがとう!」と声をかけて頂けた時、頑張ってよかったとやりがいを感じました。

「安全に定刻に航空機を出発させる」という同じ目標で皆日々仕事をしていますが、予期せぬ様々な問題が起こることもあります。ある時、離陸直前の航空機が整備の必要な状態となり、離陸できずゲートへ戻ってくるという事態となりました。大幅遅延となり、ご立腹されているお客様に謝ることしかできず、体力的、精神的にとても辛い時間でした。翌日に出発できることになり、前日にご立腹されていたお客様に「よく頑張ったね、ありがとう!」と声をかけて頂けたとき、頑張ってよかったと、とてもやりがいを感じました。

お仕事感動エピソードお仕事感動エピソード

CKTSを目指す後輩にアドバイスCKTSを目指す後輩にアドバイス

英語力は必須ですが、コミュニケーション力、体力と忍耐力も必要です!

まずは体力勝負だと思います。不規則なシフト勤務に加え、航空機の遅延があれば、とても長い拘束時間になることもあります。次に、英語力は必須です。外資系航空会社のハンドリングなので、様々な国籍のお客様とのコミュニケーションが必要です。お手伝いが必要な方がいらっしゃれば、それに気が付ける心配りができる人、また見た目の華やかさからは想像できない厳しい仕事なので、忍耐力のある人が向いていると思います。

CKTSの「ここが自慢!」CKTSの「ここが自慢!」

先輩と後輩の仲が良く働きやすい環境が自慢です。

羽田空港では現在5社の外資系航空会社を取り扱っており、その全てがレガシーキャリアです。スタッフによっては、2社、3社と掛け持って仕事をこなしています。航空会社によって特色や客層が違うので、たくさんの経験や知識を得ることができ、とてもやりがいがあります。また、先輩や後輩ととても仲が良いので働きやすい環境であることが自慢です。

採用試験対策ポイント!採用試験対策ポイント!

同業他社からの転職のため、今までのチェックインスキルや発券業務の知識を活かしました。